mama.html

ギターとクルマ(とブログの練習)

呼子のイカは芦屋らしい

bunshun.jp

なかなか昔ながらの泥臭い記事でよかった。これからもう少し掘り下げていけると面白い。言うのは簡単だけど、想像以上に危ないことなので記者さんはくれぐれも気をつけて。若松区の漁協の話を思い出した。

ja.wikipedia.org

以下引用。

〜1998年(平成10年)2月18日午後7時ごろ、福岡県北九州市小倉北区古船場町の路上[1]で、元脇之浦漁業協同組合(現・北九州市漁業協同組合脇之浦地区)組合長の男性(1998年時70歳)を、何者かが拳銃を使って至近距離から発射、男性に4発を命中させた[2]。〜第1審において、事件の背景を「港湾整備公共事業への利権介入を断られたことへの報復」と位置付け〜

そういえば、以前京都で知り合った税理士のおじさん、響灘の事業に関わったと言ってたな。9億すったと言ってた。片足が付けねからなかったな。

そうか、有名な呼子イカのほとんどが実は遠賀郡芦屋市で獲られてるって以前聞いたことがある。これもヤクザ流れってのがあるかも知れない。やってるとしたら産地偽装だものね。

北九州の、特に終戦前後に生まれた人たちくらいまでは、ヤクザと生活が密接に関わった。記事にも書いているけど、兼業ヤクザが特に多く、地元のインフラ系はだいたいそうだったんじゃないか。最初の警戒する雰囲気と、何か問題があったときのスタンスでわかる感じ。

まあ根深い事が最近よくわかった。けど関わり合いたくないのでここらへんで。

あ、玄界灘産って書くようになったのね。

 

 

 

 

呼子のイカは芦屋らしい

bunshun.jp

なかなか昔ながらの泥臭い記事でよかった。これからもう少し掘り下げていけると面白い。言うのは簡単だけど、想像以上に危ないことなので記者さんはくれぐれも気をつけて。若松区の漁協の話を思い出した。

ja.wikipedia.org

以下引用。

1998年(平成10年)2月18日午後7時ごろ、福岡県北九州市小倉北区古船場町の路上[1]で、元脇之浦漁業協同組合(現・北九州市漁業協同組合脇之浦地区)組合長の男性(1998年時70歳)を、何者かが拳銃を使って至近距離から発射、男性に4発を命中させた[2]その後、暴力団2代目工藤連合・草野一家(現在の工藤会)の当時の組長ら3人が殺人銃刀法違反で逮捕起訴され、そのうちの2名については2008年最高裁判所無期懲役懲役20年の有罪判決が確定し、残りの1名については第1審無罪を言い渡された。この第1審において、事件の背景を「港湾整備公共事業への利権介入を断られたことへの報復」と位置付け、「工藤連合の組織的関与が明白である」とみなされた[3]

そういえば、以前京都で知り合った税理士のおじさん、響灘の事業に関わったと言ってたな。9億すったと言ってた。片足が付けねからなかったな。

そうか、有名な呼子イカのほとんどが実は遠賀郡芦屋市で獲られてるって以前聞いたことがある。これもヤクザ流れってのがあるかも知れない。やってるとしたら産地偽装だものね。

北九州の、特に終戦前後に生まれた人たちくらいまでは、ヤクザと生活が密接に関わった。記事にも書いているけど、兼業ヤクザが特に多く、地元のインフラ系はだいたいそうだったんじゃないか。最初の警戒する雰囲気と、何か問題があったときのスタンスでわかる感じ。

まあ根深い事が最近よくわかった。けど関わり合いたくないのでここらへんで。

あ、玄界灘産って書くようになったのね。

 

 

 

 

サイトM&Aサービスを利用して(1)

現在ECサイトを運用している。ガジェット系の物販サイト。このまま続けていても良いが、物販の場合出荷作業があるのであまり遠出ができない。今はコロナで外出しないので良いが、コロナが終わったら海外旅行にでも行きたい。などと考えているうちに、サイトの売買、サイトM&Aというサービスがある事を知った。

今回はこのサービスを利用して感じたことなどを備忘録がてら書いてゆく。

サイトM&A、調べたら結構な数が存在する。小さい所から大手の関連会社、ネット専業からメインはM&Aという会社までサイズや性格も色々。正直よくわからないので、大手の冠がついた会社を選んでみた。登録項目に事業内容、業績概要、強み、メリット、必要なリソース、注意事項を記して決算資料をアップする。運営側で内容を査読し問題なければ掲載開始という流れ。

さて掲載後の結果。3ヶ月程度経過した現在、複数あった交渉は全て終了となった。そろそろこのサービス会社についてはお付き合いを終了しようと思っている。最初の1週間程で50社程度の既読がついた。5社程から詳しくお話を伺いたいと連絡がきた。これは結構行けるかな?と思ったがそれほど世の中は甘くありませんでした。

ということで長くなりそうなので続きます。

 

ここでサイトのM&Aやらサイトを売って儲ける的なタイトルの書籍を貼るのが普通なのでしょうが、そこらの書籍ってすごく読んでて無駄なので貼る気に全くなりません。この本はデザインを学んでない私のような人間にもよくわかる、よいデザインを行う為の方法がわかりやすく書かれている書籍です。最近実践してないので反省していますが、この本はおすすめです。